お問合せはお気軽にどうぞ!

0258-24-7567

[ 営業時間:8:00~17:00 ]

メールでのお問合わせはコチラ

お問い合わせフォーム

[ お急ぎの場合はお電話でどうぞ ]

ボタン
メニュー

ご挨拶

私たちは、〝ものづくり〟が大好きな兄弟が始めた会社です。金属加工を得意とし、昭和51年(1976)の創業以来、建築資材から芸術品まで、世の中のあらゆるものをオーダーメードで創り上げてきました。何と、神社の鳥居を金属で制作したこともあります。
とりわけ、〝カーポート〟をはじめとする〝エクステリア〟は、地元で高い評価をいただいています。

理念

「おもしろいものなら、何でもチャレンジしよう!」
目まぐるしく変わる社会において、私たちも適応し、社内環境を柔軟に変えていきたい。そんな思いがあるので、ガチガチの固定的な企業理念を持っていません。
人間は〝おもしろいこと〟が好きであり、最終的に選ばれる製品もそういうものです。また、私たちの基本は〝ものづくり〟ですから、創りたいものがどんな難しくてもチャレンジしたい。ノウハウや技術は熟練であっても、心はいつまでも若い会社でありたい。手法、デザイン、商品開発、ビジネスモデルにおいて、常に新しいことを創造しようと考え、実践しています。

会社の特徴

家族的な社風

一時は時代に合わせ、家族的な雰囲気から抜け出そうとしたこともありました。しかし、やはり日本の企業は成り立ちがそうであり、また、会社を継続していくためには、社員みんなのことを思える会社になりたいと考えました。
具体的には、子育て中の社員がいたらみんなでカバーするなど、個人的なことも社内に持ち込んでサポートしています。定年制の廃止、個人の趣味を尊重するなども行っています。
〇技術とノウハウ
金物製作40年という経験と実績があります。経営者自体が職人で〝ゼロから始めるものづくり〟が得意です。また、固定観念にとらわれず、多方面から情報を収集しています。例えば、建築業界の知識を有していたり、異業種交流会や各種セミナーなどに意欲的に参加しています。
また、定年制がないので技術継承を継続的に行える体制となっています。

社員

分業化せずに、オールマイティーに仕事ができるように教育しています。例えば、文字情報の時代ですから、本や新聞を積極的に読んで咀嚼するなど、社員一人ひとりが観察力を高め、多角的な視点から洞察し、判断し、行動に移せるチカラを高めていくように努力をしています。
気づいたことは、気づいた人がやるのも特徴。例えば、ゴミが落ちているなら、見つけた人が拾う。改善点を見つけたら、見つけた人が自主的に提案します。
また、会社のそれまでのやり方を押しつけず、社員それぞれがやりやすい仕事のスタイルも尊重しています。

残業がほとんどありません

以前は、やっきになって残業していた時期もありましたが、疲れが残ったまま翌日働いても生産効率は上がりませんでした。
私たちの製品はオーダーメードであり、〝ものづくり〟は人間が創り出すものです。機械を動かしての大量生産とは違い、社員が楽しく仕事ができないと、おもしろいものなど創れません。人間が良くならないと、良いものなど創れない。ひいては、お客様に良いものが提供できないと気がつきました。
作業工程を徹底的に見直し、17時には帰れる会社にしました。業界ではめずらしいようですが、オンオフのメリハリが効き、社員も大いに家族サービスができます。社員が遠慮しないように会長が一番先に帰るようにしています。

IT化〜社員全員がipadを所有

もともと他社に先駆けて、図面のキャド化・3D化を図ってきましたが、近年はITによる合理化に取り組んでいます。全社員がipadを持っており、情報を一元化。日報などの報告もすべてこれで行っています。FacebookやLINEなどSNSも積極的に利用し、今では当社の経営者が、ITの活用法について業界他社へ講師に行くほどになりました。

人と人とのつながりを大切にしています

〝ものづくり〟は人と人の間で動くものだと考えています。お客様と私たち、地域と私たち、業者さんと私たち・・・いろいろな関係がありますが、その関係がおもしろいのであり、大切にしたいと考えます。

地域との連携

地域で可愛がられる会社でなければ、他で愛される会社にはなりません。
・地域の大学や公共機関と連携して〝ものづくり〟をしています。
・長岡造形大学の学生の作品制作をサポートしています。私たちも若い感性から刺激を受けています。
・自社の敷地を解放して、野菜市など地域の交流会を開催しています。

自然との共存

どうしたら自然と共存できるか。そのために知恵を絞っています。私たちは新潟という豊かな四季の中で、自然を身近に感じて暮らしています。緑が大好きな社員ばかりで、社内は観葉植物であふれ、大きなアクアリウムもあります。
自然から教わることも多い。毎年ゴーヤを植えますが、強風の日はツルがシッカリ網に捕まり、天候が良くなったらまた上へと伸ばし始めました。まさに会社経営と同じだと感動しています。

長岡市について

私たちの会社がある新潟県長岡市は、全国屈指の豪雪地帯。1日で1メートルも雪が積もる日もめずらしくなく、その重さは新雪で1平方メートル100キログラム前後、ざらめ雪は500近くキロになることもあります。雪の重さに負けないように、地域の建造物は非常に頑丈にできています。
江戸時代は長岡城を中心とした城下町で、司馬遼太郎氏のベストセラー『峠』の主人公・河井継之助は長岡藩の家臣でした。また、古くから勉学への意識が高い地で、現在は産業においても県内有数の〝ものづくりの集積地〟となっています。産・学・官の連携がとても深く、長岡市にしかない世界的な技術も数多くあります。

受賞実績

自社ブランドの育成のためにも、デザインコンペに意欲的に出品しています。

・グッドデザイン賞2回受賞(特別賞1回、エコロジーデザイン特別賞1回)
・デンマークINDEX国際コンペ入賞
・IDS賞2回受賞

会社概要

名称 五十嵐工業株式会社
本社所在地 〒940-0016 新潟県長岡市宝5丁目1番27
工場所在地 同 上
ストックヤード 新潟県長岡市福道町字前田348-1
代表者 五十嵐 敏彦
設立 昭和54年7月(創業 昭和51年1月)
資本金 15,000,000円
事業内容 ・建築制作金物、(コルテン鋼、ステンレス、アルミ、真鍮、銅)
・金物加工、特殊階段、手摺、カーポート(エクステリア製品)
・ガーデニング製品、バリアフリー関連製品
・土木製缶製品、機械カバーステンレス製
・その他(鋼製鳥居、ろうそく立て、教会十字架)、設計施工
許可番号 鋼構造物工事業(般―54)第16700号 昭和55年2月
特許番号 ・「パイプ継部端部形成装置」
・実用新案「折り畳み階段」登録第1969989号
・「ガーデニングピット」登録第1110189号
・「采木花」商標登録 第4407320号
・「ホームタンカー100L」雨水利用器 意匠登録第1258338号
社員数 10名
TEL (0258)24-7567
FAX (0258)24-5145
URL / E-mail https://www.ikarashi.co.jp / create@ikarashi.co.jp
取引銀行 ・第四銀行神田中央支店
・北越銀行長岡北支店
・長岡信用金庫宝支店
・大光銀行本店

会社沿革

昭和51年(1976年) 1月 個人営業
昭和54年(1979年) 7月2日 五十嵐工業株式会社設立(資本金500万円)
昭和58年(1983年) 施工図面をCAD化
昭和62年(1987年) 7月 資本金1,000万円に増資
平成3年(1991年) 10月 資本金1,500万円に増資
平成6年(1994年) 11月 東京営業所開設 (2000年 閉鎖)
平成10年(1998年) 7月 ウェブサイト開設 (ikarashi.co.jpドメイン取得)
平成12年(2000年) 2月 ガーデニングピット 2000年IDS賞受賞 / グッドデザイン賞
平成17年(2005年) 2月 ホームタンカー100L 2005年IDS大賞受賞
デンマーク INDEX国際コンペ 入賞
グッドデザイン賞エコロジーデザイン特別賞
平成23年(2011年) 4月 IT化 (iPad導入活用)
平成25年(2013年) 5月 Facebookページ開設
平成25年(2013年) 9月 設計にBIM導入 (建築3D図面)
平成26年(2014年) 9月 工事管理IT化 (FileMaker自社システム構築)
平成27年(2015年) 9月 HP大改良 (レスポンシブデザイン)
平成30年(2018年) 9月 施工図 ソリッドワークス導入 (詳細3D図面)
令和元年(2019年) 10月 現地調査IT化点群データ計測機導入 (ライカジオシステム)
許可番号 鋼構造物工事業(般―54)第16700号 昭和55年2月
平成22年(2010年) 9月 役員変更
平成30年(2018年) 9月 役員変更
・会長      五十嵐 新一
・代表取締役社長 五十嵐 敏彦
・取締役専務   山内 敏明
・取締役常務   五十嵐 敏
PAGETOP